Hjertelig velkommen!

子育てメインの雑記ブログ。1歳の娘と夫との日々や、考えたこと、好きなもの・ことなどについてつらつらと。本と音楽とカメラが好き。

娘が2歳になりました。母2歳はまだまだ未熟です。

先日、ぽよが2歳になりました。

 

なんというパリピ感。

以前からパリピっぽさはありましたが、最近さらに増してる気がします。

 

父のおんぶダッシュで、両手を挙げて「ウェイウェイウェイウェイ!」と騒ぐ。

 

父の風船攻めで、「ヤイヤイヤイヤイ!」と嬉しそうに悶える。

 

誕生日2日前には久しぶりの盛大な夜泣きをしたり、

(ぽよ大好きすぎる夫に対応を任せた)

前日の晩ごはんをほとんど食べなかったりで、

「大人になりたくないのか?2歳にしてピーターパン症候群か?」なんていじったりしていましたが、

当日は一日中とってもごきげんで過ごすことができました。

 

義両親からのプレゼントに大ハマリ。

 

いぇーい!

 

ちなみに当日の服装は、「うさこちゃんのたんじょうび」を模したワンピース。

去年のユニクロのTシャツなんですが、完売寸前に駆け込んでなんとか残っていた140サイズを買ってあったんです。

胸元にギャザーを入れ、少し裾上げしてワンピースにしてみました。

もうちょっと裾が短くてもよかったかもしれないけど、少し長めでお姉さんぽくなったのでこれでもよかったかなと思います。

襟ぐりが少し広すぎて肌着が見えるので、以前作ったつけ襟スタイでカバー。

↑いつの間にか「ポーズ!」と言ってこのポーズを決めるようになりました。

おかあさんといっしょあたりの影響かな?

 

ごはんは、義母が来ていてゆっくり準備する時間もなかったので特に誕生日らしくしていません。

朝ごはんのホットケーキにろうそくを立てたくらい。

(まだうまく2ができない)

 

昼食は外食でパン、晩ごはんは大好物のお好み焼きでした。

好きなものを食べられるのが一番だ!なんて名目でただのお好み焼きでしたが、

せめて少しでも誕生日らしく飾り付けなどすればよかった。

今年の誕生日は家族3人でお祝いの予定だったのが義母が来ることになり精神的に平穏でなく

(里帰り前の最後の週末だったのと、呼ぶなら両家呼ぶ、呼ばないならどちらも呼ばないとしたかったのに義母のみ来るというのにモヤモヤしていた)、

料理はまぁ普通でいいや、と半ば投げやりになってしまいました。

そんな私の精神状態なんてぽよには関係ないのに。

もっとがんばれたかもしれないのに、ごめんね、ぽよ。

 

 

ぽよはおばあちゃんに遊んでもらえて嬉しそうでした。

 

が、私はというと義母来訪だけでなくいろいろなストレスの積み重ねもあったようで、

お誕生日の夜は大泣きで締めくくることになりました。

 

ホルモンバランスのせいだ、ということにしよう。

(ホルモンバランス…なんて無敵なことば)

 

 

でも、

料理はまだまだ苦手だけど、

服を準備したり、

風船を膨らませたり部屋の飾り付けをしたり、と

頑張れる分野ではちょっとは頑張れた、のではないかな。

f:id:AEKA:20170620004842j:plain

義母と飲みまくって酔っぱらい、何も手伝ってくれないどころか邪魔なところで寝た人。

腹たったので寝姿晒してやるんだ。

 

はぁ、書いてて情けなくなるくらい私小さい。

まだまだ未熟な母2歳、ぽよと一緒に成長していきたいです。

 

これからもぽよがすくすくと大きくなりますように。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

専業主婦という道を選択した時の気持ち。

…を、最近よく思い出しては自分を戒めています。

 

もともとぽよを妊娠した時点での私の雇用状況は、

  • 有期雇用のフルタイム勤務
  • 任期は3年
  • 任期終了に伴い私のポジションは公募にかけられる。それにもう一度応募することは可能(採用の確約はナシ)

という状態でした。

そして妊娠時は3年中2年め。

3年めの6月にぽよを出産しました。

 

契約期間中に復帰するなら産休・育休を取得可能、ということだったし、

当時は「もう一度公募に応募して採用を目指そう」=ワーママになろうとなんとなく思っていたので、

図々しくも3年めの5月~2月末まで産休・育休をとらせていただいたのでした。

 

ただ、実際に出産・育児を経験してみて、もう一度採用試験を受けるほど仕事をしたいという気持ちになれず、

3月のみ仕事に復帰してそのまま3月末に退職、という選択をしたのでした。

 

今振り返る当時の気持ち。

当時の気持ちは詳しく過去記事に書いていますが、

端的に言うと、

「誰でもできる仕事をするために、

私がやりたい・私にでもできることを他人に任せるなんて意味がわからない!」

ということ。

「私がやりたい・私にでもできること」というのはつまり、

保育園に預けた場合ぽよがそこでする経験、ということ。

 

つまり

 

おいしいごはんやおやつを食べるのだって

お友達を作るのだって

いろんな遊びをするのだって

 

やりたくもない仕事をするために

わざわざお金を払って保育園に預けて

人様にやっていただかなくたって

 

全部私がやったらいいじゃない!

 

 ということですね。

 

…できてないやん!

 

やはり保育園には勝てない(当たり前)

これまでだってそもそも保育園と同等といえるようないい母っぷりは全くできていなかったけれども、

最近は前記事の通りダメ母っぷりに拍車がかかっているので、

 

「ダラダラと家事に付き合って、スーパーで買い物に付き合って…こんな生活より保育園に行ってる方がよかったんだ」

「ちょっとずつ食べられるものは増えてきてるけど、保育園でお友達と食べてたらあっという間にいろいろ食べられるようになるんだろうな」

「最近同年代の子やお兄ちゃんお姉ちゃんに興味津々なのに私と二人きりで、さぞつまらないんだろうな、保育園に行ってたら楽しいんだろうな」

 

こんな風にばかり考えてしまいます。

同じ年度に出産された方で今年度からお仕事されてるという方が多いからかな。

ついつい保育園と比べてしまう。

 

最近よく思うのは、

もし私の仕事復帰がこの4月から(1歳4月入園)だったら

きっと仕事をすることにあれほどまで葛藤しなかったのでは、ということ。

0歳4月と1歳4月、

ぽよでいうと0歳9ヶ月と1歳9ヶ月って、

こんなに違うんだ!って思います。

特にぽよは体の発達がゆっくり&哺乳瓶拒否だったこともあって、

0歳の時点では「こんなかわいいかわいい赤ちゃんと離れるなんてできない!ずっと一緒にいたい!」だったのですが。

1歳9ヶ月にもなってくると「かわいい」だけじゃなくなってくるというか、

「今日は何しよう」「今日のごはんは何にしよう」と同じことの繰り返しの日々に疲れてきていたり、

自我の強くなってきた子どもに対してイライラしたり疲れてしまうこともあったりで、

「あぁ、今復帰できる場所があったらしてたかもなぁ」なんて思ってしまうのです。

実際復帰されて大変な思いをしているお母さん、失礼なことを書いてしまいすみません。。。

 

最近夫のぽよラブ度が以前より更に更に増していて、

どんなことがあっても絶対に100%ぽよが好き!っていうのが伝わってきて、

実際私がぽよに対してイライラしてる時は若干引かれてて、

それに対してもイライラして「あなたは四六時中ずっとぽよといるわけじゃないから100%の気持ちでかわいいって思えるんでしょ!?」と喉元まで出かかったのですが、

 

じゃあ私だって仕事してたら一緒にいる時間はぽよのことを100%かわいいって思えるのかもしれない。

ぽよにとってもイライラしてるけどずっと一緒にいる母親より、

日中離れてても一緒にいる時は100%愛してくれる母親の方がいいのかもしれない。

 

そんな風に思い、言葉が詰まってしまいました。

 

 

ただ、妊娠後期の今仕事を始めるのは無理

…だし、

産後もきっと赤ちゃんがかわいくて離れられないって思うんだろうし、

卒乳、せめて日中の授乳がなくなるまでは専業でいたいなとぽよの授乳ライフを経て感じたし、

やはり、情けないのですが、それほどやりたい仕事がないのですよね。

一度仕事から離れてしまうと、

次始める時には情熱を持てる仕事がしたい!好きなことを仕事にしたい!なんて夢見てしまうんだけど、

じゃあ何をしたいのかって言われるとわからない。

もちろん世の中やりたい仕事ができている人ばかりじゃないのは重々承知ですが、

うちの夫は好きなことをそのまま仕事にしているクチなので事あるごとに劣等感が芽生えてしまい。

 

 

…うーーーん、何が言いたいかわからなくなってきたけど。笑

 

とにかく、

専業主婦という道を選択した時の気持ちの通り、

ぽよに保育園のような充実した日々を過ごしてほしいという思いは今も変わらない。

今は妊娠中で出産も控えててなかなか難しいこともあるけど、

できる範囲でやれることはやっていきたいなと思うのです。

 

というわけで、今日はひっさびさに児童センターに行き、

お昼ごはんはいつもより気合いを入れてホットサンドを作り、

晩ごはんもいつもより気合いを入れて餃子を手作りしてみました。

(これで気合い入れてるっていつもどんだけ手抜きなのって話)

 

ダラダラした日よりもちょっと疲れるけど、

精神的にはずっとこちらのほうが健康です。

って、同じようなこと前も書いたな。テレビの話か。

 

ぽよに充実した生活を提供できているかはわからないけど、

 

かぼちゃの煮物を食べられるようになって嬉しい顔とか(目やばいよ)

 

箸置きの鳥さんにあーんしたりとか

 

「パーシー!おいでー!」って呼んだりとか

(2歳の誕生日プレゼント、フライングであげました。木製トーマス。)

 

木の棒を触れるようになってニヤニヤな顔とか(口元やばいよ)

 

こういう小さくても嬉しい、楽しい一瞬を全部見ていられるということは紛れもなく幸せなこと。

 

幸せを噛みしめて、専業主婦ライフ楽しみたいと思います。

かなり遅くなりましたが、専業主婦生活2年目の気持ちでした。

 

 欲しい本。

子どもとの時間をもっと素敵に過ごしたい。

子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)

子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)

 

 

 

 

 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

ぜんぶかゆいせいだ。モヤモヤな5月と妊娠性痒疹その後

5月も終わってしまいました(´・ω・`)

一体5月は何をしてたんだろう、ってくらい中身のない月でした。

最近の私はといえば

「倦怠感」

「夫へのイライラ・モヤモヤ」

「かゆみ」

のみで構成されていると言っても過言ではありません。。。

しかもおそらく、「倦怠感」も「夫へのイライラ・モヤモヤ」も、かゆみから来るイライラや寝不足(というか睡眠の質の低下?)が引き起こしていると思われます。というか、そういうことにしておかないとやってられない。

もう本当にかゆいの嫌だ。疲れた。。

 

 

 

最近の生活リズム。引きこもり生活で娘に申し訳なさすぎる

午前:朝は特に体がしんどいのでゴロゴロ
   →ゆるゆると家事や断捨離をしつつぽよと遊ぶ

午後:お昼寝の寝かしつけで寝落ち→一緒にがっつり昼寝、

   起きたらおやつ、身支度(ここでやっと)、
   お散歩やらスーパーへ買い物やら

夕方~:ゆるゆると夕食準備、

    夕食(最近ぽよの食べられるものが増えてきたのは嬉しいんだけど、
    1時間弱かけてのんびり食べる…)、

    お風呂、

    寝かしつけで寝落ちorだるくて起き上がれずベッドでゴロゴロ、

    そうこうしているうちに夫が帰宅、
    残った家事やら次の日の朝ごはんの準備やらをしてから寝る

 

こんな感じで、もう暮らしていくのに精一杯。

ブログ書いたり本読んだりっていう趣味の時間がほとんど持てません。

娘にお友達を作ってあげたい気持ちが高まり、支援センターや公園に連れて行ってあげたいと思っているのですが、

里帰りの日も近づいてきており家の中を整えておきたくて、

ゆるゆると断捨離やら掃除やらもしているのでなかなかお出かけできていません。

娘を巻き込んで遊びながら家事や断捨離をしています。

本当は娘が寝ている間にやる方が捗るんだろうけど、なんせ娘が寝ている=私も寝ていることが多すぎて。。。

 

妊娠していて体調も万全じゃないから仕方ない!と言い訳もしてみるのですが、

妊娠してるのなんて親の勝手でぽよからしたら知ったこっちゃないよなぁと罪悪感。

ベランダで水遊びをしながら洗濯物干し、とか

不用品をぽよに渡して遊んでもらいつつ断捨離、とかでもぽよが楽しそうにしてくれるのがまだ救いです。

 

せっかくのいい気候なんだからもっとお出かけしたい。って言ってる間に梅雨か…。

 

かゆみのその後

これだけかゆいかゆい書いてるのでかゆみについてもメモ。

  • かゆい部位が広がってきた。お尻や背中、胸にも湿疹やそれが悪化したただれが。
    腕も肘から先が悪化してきて見た目がヒドイ。(本当は半袖を着たくないけど開き直って着ている)
    ついに首にも進出し始めていて、これが悪化したら見た目ヤバイなと不安( ;∀;)
  • 以前の記事に「飲み薬ですぐ改善した」とのコメントをいただき、別の皮膚科を受診してみるが、やはりリスクがあるからと内服薬は出してもらえず、ステロイドとかゆみ止めで乗り切るようにと言われる。
    更に別のところを受診してみようか、でもリスクがあると言われているのにそれを望むなんて母として間違ってるのでは?との葛藤も。
  • 「メントール入りのかゆみ止めは好きじゃない」と言っていたけど、もはやメントールの刺激に頼らざるを得ない。外出時にもかゆみ止めを持ち歩いて、痒みが強くなってきたら塗っている。
    無意識に人目のあるところでもボリボリ掻いてしまっていて、我に返った時とても恥ずかしい。。
  • 「体のかゆみにはヨモギ」というネット情報に頼り、ヨモギローション・ヨモギ石鹸・ヨモギ茶を始めてみる。
    効果はまだわからないけど信じて使い続けてみる。
  • 肌着の縫い目や端(折り返し、パイピング等)が擦れるのも刺激になって痒いので、家ではタンクトップ等を裏表逆にして縫い目が肌に当たらないようにして着ている。
    ショーツはユニクロのシームレスショーツが肌への刺激がなくて良いと気づく。

…と、こんな感じです。

 

現在のケアは下記の通り。

  • お風呂上がりに扇風機の風を浴びながらヨモギローションを塗って体を冷やす
    →保湿兼かゆみ止めにメンソレータムADクリーム(処方してもらったかゆみ止めがなくなり、再度受診するのが面倒で似たような市販薬にしてみた)
    →特に痒いところには液体ムヒアルファEX(市販薬で一番強いかゆみ止めらしい。メントールも強め)を塗る
    →肌着などが触れる・擦れるところにはワセリンをぶ厚めに塗って保護
  • 寝る前&朝の着替え前に、ただれがひどいところにステロイドを塗る
  • 適宜かゆみを感じたらムヒアルファEX、カサカサしてきたらメンソレータムADまたはワセリン、など都度対処

……かゆみについて詳しく書きすぎてすみません。興味ある人ほぼいないですよね。汗

自分の最近の興味の対象がかゆみ関係しかなくって、それがまた辛い。

 

 

・・・・・6/8追記・・・・・

その後、塗り薬を一番強いステロイドに変えてもらったのですが、

湿疹を抑える効果は断然上がり、ちょっとずつ肌がきれい(ではないけどマシ)になってきました!

湿疹がかゆみの原因というわけではない(原因は妊娠?)のでかゆみ自体は治まっていないのですが、少し気分がマシになりました。

・・・・・・・・・・・・・

 

何かに集中しているとかゆみのことを少し忘れられるのでなんとか気を紛らしたいんですが、「ブログを書く」とか「本を読む」という、パワーのいることというか能動的に動かないといけないことをする気力がなくて。

先日Amazonプライムで映画を観てみたら久々に楽しいと思えました。これ。

箱入り息子の恋

箱入り息子の恋

 

夏帆が可愛すぎた。 

 

ゆるい映画をダラダラ観るのは意外といいかもしれません。

でもこんなことする時間もなかなかないんだよなぁ、寝落ちしちゃうと…。

今日は夫が飲み会のため久々にブログ書けてます。

 

・・・・・

 

久々の記事はただただ近況をつらつら綴るのみとなってしまいました。

本当は書きたいこといろいろあるので、できればまたこれを機にちょこちょこ書きたいです。

以前記事にした通り、文章にして小出しにしていかないといろいろ溜まってしまう気がします。

ホント最近夫にすぐブチ切れてしまって(´・ω・`)

 

ミニーちゃんのメガネが超お気に入り。

 

だいぶお腹が大きくなってきました。

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

 

関連記事

お姉ちゃんになる準備?「あちゃちゃん」が可愛すぎる

今年のGW、

 

前半は房総半島へ旅行

(「むみー」と言いながら海を眺める)

 

 

 

後半は義実家への帰省

(夫と義母の後ろ姿がそっくりすぎる…)

と、かなり満喫した我が家です。

 

ぽよは夫とずっと一緒なのが嬉しいのか、終始ハイテンション。

(単語ばかりではありますが)べらべらと喋りまくり。

 

そんな中、習得したのが「あちゃちゃん(赤ちゃん)」!

 

以前からお腹を指して「ここに赤ちゃんおるよ」とか、

赤ちゃんの写真を見かけると「赤ちゃんかわいいね」などと

『赤ちゃん』という存在をなんとなく教えてみていたのですが、

 

義実家にて、寝室として使わせてもらっている部屋(もともとは義祖母の部屋)にぽよを寝かしつけるべく連れて行くと、

電気の紐にぶら下がっている(おばあちゃんちって電気の紐に何かしらぶら下がってたりしません?)キューピー人形を見て

 

国産キューピー 10cm

 

「あちゃちゃん!」と!

 

それまで私の言ったのを反復して「あちゃちゃん」と言うことはありましたが、

何かを見て自発的に言ったのはそれが初めて。

テンション高く「あちゃちゃんー!ぶらぶらー。」などとはしゃいでいました。

(初めてがキューピー人形かい)

 

おお!?と思い、お腹を指して「ここに誰おるの?」と聞いてみると

これまた「あちゃちゃん!」、

逆に「赤ちゃんどこにおるの?」と聞いても

「ここ!」と私のお腹を触ってくれる。

 

はぁぁぁ、なんてかわいいの。

 

それからは毎日のように↑のやりとりをしたり、

「赤ちゃんなでなでしてー」とお願いしてなでてもらったり、

「赤ちゃん好き?」と聞いて「ちゅっき!(好き)」と答えさせたりと、

ぽよの反応にキュンキュンしつつ、赤ちゃんの存在を刷り込んでいます!笑

 

いやーーーもう、生まれてくるのがとっても楽しみ。

実際生まれてきたら、ヤキモチ焼いたり赤ちゃん返りしたりするのかなぁとも思いますが、

でもこんな風に、なでなでしたり「ちゅっき!」って言ったりするかもしれないと思うと

ぽよのお姉ちゃんっぷりに期待が高まってしまうのでした。

 

 

あちゃちゃん、お姉ちゃんはお水が大好きで

 

 

母のブラトップをかぶろうとして「見えた!」とか言ってる

 

なかなかおもしろい人ですよ!

 

あちゃちゃんはどんな人なのか、楽しみだな。

 

 

 ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

妊娠性痒疹。かゆいのってけっこう辛い(二人目妊娠・6~7ヶ月)

 最近、頭の中が

「かゆいかゆいかゆいかゆい」

こればっかりです。

 

つわり期間中も体のかゆみに悩まされてはいたのですが、

少し掻いただけでミミズ腫れ状態なので常に肌が真っ赤&ボコボコです。

 この程度、かわいいもんだったなぁと今となっては思います。。。

 

 今は、

  • 手足+お腹に虫刺され程度の大きさの湿疹が無数にできる
  • それを掻き壊してしまいかさぶただらけに
  • 足、特に太ももはなぜか痣だらけに。強く掻きすぎ?

こんな状態で、体が超絶グロテスクです。

もともと足だけだったのが、その後腕→お腹と広がってきました。

 

救いなのは、顔や首といった露出している部分にはできていないことと、

腕には痣がない&腫れがひどくない分見た目がまだマシなので

見えてしまってもまぁ大丈夫かな、というレベルなこと(それでも「あの人どうしたんやろ」と見てしまうくらいではある)。

これから半袖の季節なので、なんとかこれくらいで治まっていてほしいところ。

 

本当は足も、レギンス無しでロングスカートくらい履きたいところなのですが

(布が触れていたり、レギンスで保温されているとかゆみが増す)

あまりにも見た目がグロテスクすぎるので外出時は肌が見えないようにしています。

 

おそらく妊娠性痒疹というやつ

このかゆみ、産婦人科でも皮膚科でも名前は特に言われていないのですが、

「妊娠性痒疹(ようしん)」というものだと思います。

(ぽよ妊娠中も悩まされて調べまくっていた)

参照するページにもよるのですが、1%~5%の割合で発生するとのこと。

自分がなっていたから「妊娠中のかゆみってよくあることなのかな」となんとなく思っていたのですが、たしかに周りにはいませんでした。

 

絶望的なのが、

原因不明(というか妊娠自体が原因?)のため

根本的な治療ができないということ( ;∀;)

もしかしたら産むまでこのままなのかもしれません( ;∀;)( ;∀;)

ぽよ妊娠時の日記を読み返してみると、

出産直前まで「かゆい」「産んだら治るのか」「早く産みたい」と書かれていました。。。

 

もちろん毎日吐いていたつわりに比べるとこちらの方が遥かにマシですが、

かゆみってじわじわと精神を蝕んできます。

かゆみでなかなか眠れなかったり。

布団の中で掻きすぎて夫を起こしてしまったり。

シーツや服に血がついてしまったり。

睡眠不足で日中やる気が出なかったり疲れやすかったり。

イライラゲージの基準値が高くなっているのか些細なことでイライラ爆発してしまったり。

 

それでも毎日それなりに穏やかに楽しく過ごせているのは、

ぽよが今ボーナスタイムか!?ってくらい楽な時期だからかなと思います。

言葉が増えて意思疎通ができるようになってきたおかげなのか

わけもわからずぐずったりすることがほぼないし、

持ち前の諦めの良さ?(笑)が功を奏してか何かに執着して離れないということもないし、

ベビーカーに乗るのが楽しいようで嫌がらずにすぐに乗ってくれるし。

本当にありがたいです。

 

私があまりにかゆいかゆい言ってるせいか、

赤くなった手足を見ては「かーゆい!」と言ってきます。(笑)

 

 

かゆみを抑えるために

それでもやはりかゆいのは辛いので、

根本的な解決にはならなくとも、

一時的にでも楽になれる方法を模索しています。

 

アンテベート軟膏

皮膚科を受診したらこちらを処方してくれました。

f:id:AEKA:20170502134612j:plain

強めのステロイドみたいですね。

かゆみに効いているとは思いませんが、

朝晩きちんと塗っていると腫れが少し治まってきている気がします。

ただ、軟膏の伸びが良くないので、

塗り込む際の摩擦でかゆみが誘発されている気がして、塗るのがちょっと億劫です。。。

 

ハトムギ化粧水

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 

お風呂上がりに化粧水をパシャパシャしてみると

温まった体がひんやりして少し痒みが治まったので、

コスパがよくて刺激の少なそうなこちらを買ってみました。

良くも悪くも「ほぼただの水」のような感じでしっとり・ベタベタしすぎないので、

ちょっと体がほてってきた時などにたっぷり塗ってパッティングするとひんやりして気持ちいいです。

(でもコレ、ただの水でもいいんじゃない…?とも思う。)

 

ローション系がけっこう気持ちいいんだということがわかったので、

今日はこれを買ってきてみました。

【第3類医薬品】ユースキンI ローション 130mL

【第3類医薬品】ユースキンI ローション 130mL

 

これ系のかゆみを抑えるクリームのコーナーでどれにしようか迷っていて、

ブログ等でちらほら見かけた「ヘパソフト」にしてみようかとも思ったんですが、

「ユースキンi」はローションタイプがあったのでこちらに。

効果あるんだろうか。もう藁にもすがる思い。

 

保冷剤

夜かゆくて寝られない時にベッドに持ち込んで、かゆいところにあてています。

深夜で眠いんだけどかゆくて寝付けない、というときには、一時的にでもひんやりしてくれると気づいたら寝ていた、ということもありました。

難点は、

  • 冷やしすぎるとその冷たさが引いていく時逆にかゆい
  • お腹にあてているとお腹が冷えて痛くなる(笑)

…ことでしょうか。

あと寝る時のようにただじっとしている時にしか使えないです。

 

刺激の少ない衣類を身につける

もともと肌着は綿のものが好きですが、

持っているマタニティ用ショーツ、そういえばレースがついていて( ;∀;)

お腹にレースがあたってめちゃくちゃかゆかったので普通のものに戻しました。

あとはブラをやめてカップ付きキャミ・タンクトップを着たり、

脇に縫い目のないタンクトップを着たり、

フィット感の少ないサイズ大きめのレギンスを履いたりと、

なるべく肌に刺激がないようにしています。

 

 

ちなみに、

同じ症状の方のブログ等を拝見していると、「ムヒ等のメントール入りのかゆみ止めがスッとして気持ちよかった」という方もちらほらいるようなのですが、

私の場合、もともとメントール入りのものが好きではない(においとかスースーする感じとか)のと、

掻き壊してしまっていてしみて痛いため使いませんでした。

 

 

余談。

あまりに痒すぎて、

「かゆくない人もいるなんてずるいーー。゚(゚´Д`゚)゚。」と夫に泣き言を言っていたら、

「そんなこと言ってかゆみが消えるわけじゃないんやし、言わんといたら?」と正論をぶちかまされました(笑)

出た、超理系&男性脳(笑)

(こういう夫の超合理的思考についてはもはやネタとして笑いながら話してるので、イラッとはしてないです(笑)

でも「共感してほしいだけやー!。゚(゚´Д`゚)゚。」とはちゃんとアピールしておきました。)

 

はぁ、妊娠って本当に人それぞれいろんなトラブルがありますね。

まだ7ヶ月になったところだというのに、既に妊婦状態に疲れてきました…(笑)

今回は真夏の妊婦だから、汗などで余計にかゆかったりするのかな。。

なんとか出産までやり過ごします!(>_<)

 

水が大好き。

 

好きすぎて、手洗い写真ばかり増えていく。

 

もっと暑くなってきたらいっぱい水遊びしようね!

私も水遊びしたらかゆみがマシになるかな?

 

関連記事

その後の経過です。

 

hjerteligvelkommen.hatenablog.jp

 

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

4月まとめ(⁉)+今後のブログについて。

とっても久しぶりの更新になってしまいました!

もう4月も終わろうとしているのに、気づけばこれが4月初の記事。うわぁぁ…

 

 

 

4月、どんな風に過ごしていたかというと、

  • ぽよとお花見&ピクニック三昧。

 

  • 一眼レフが欲しくなり、機種やレンズのことを夜な夜な調べる。
    ミラーレスから買い換えることについて夫の同意を得るためプレゼン準備をする。(パワポもどきのスライドを作る)

  • そして一眼レフゲット!夜な夜な設定をいじったり試し撮りをしたり、これまで使っていたミラーレスの売却作業をしたり。
    Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

    Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

     
    SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

    SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

     
  • ぽよの発語がどんどん増え、かわいさめきめきアップ。かつ、なんだかオモロイキャラになってくる。かわいさ&おもしろさに夫婦で悶絶。

  • 妊娠性痒疹と思われる激しいかゆみに苦しむ。手足がブツブツに覆われ、かゆみを我慢できず所構わず掻きまくる。

  • 私のPCの電源アダプタを夫が間違えて出張に持っていってしまい、1週間PCが使えず…。使えないとなるとブログを書きたくなる不思議。

  • 眠い。ぽよとお昼寝したり、夜寝落ちしたり、むしろ朝ごはん直後から眠くてソファーで仮眠したり。仮眠中はfire TV stick(ほんと買ってよかった)でエンドレストーマスしたり、えいごであそぼDVDリピートでKIKOロスになったり。

  • 食欲の波がすごい。お米がとにかく美味しくて2人前くらいぺろりと食べたり、逆に何も食べられないこともあったり。
    とりあえず食後の糖分補給が必須で、チョコレートを常備。

  • 娘が自分大好きすぎる。「かーぁいい♡」(裏声)が口癖に。

 

こんな感じで過ごしていました。

新年度だしいろいろ書きたいことあったのにな、と今になって思う…。

 

以下自分用メモも兼ねて、書きたいことリスト。どれだけ書けるかな。

  • ミラーレス→一眼レフに買い換えた理由
  • 妊娠性痒疹のつらさ
  • 退職して1年、今の気持ちの記録
  • 里帰りまでにやることリスト
  • ハンドメイドで母娘おそろいコーデ
  • 娘、羞恥心の芽生え?トイトレ開始のサイン?
  • お風呂イヤイヤ対処法
  • 謎のぽよ語
  • 娘のお友達づくりをするべきか

 

ブログの統合について

書きたいことリストにもひとつ挙げていますが、

カメラ・写真についても書きたいことがちょこちょこありまして。

それじゃあ、写真ブログ作ったんだからそっちに書けばいいやん、って話なのですが

photograeka.hatenablog.com

 

なんと、前回の更新、5ヶ月近く前…!?

書いてない間にフィルムカメラデジイチも買っていてネタはたくさんあるものの、

妊娠が判明したりつわりに苦しんだりしていたら放置してしまっていて。

そして今後も出産・二人育児が待ち受けているわけで、

もう私にブログを2つ管理するなんて無理じゃない?と思い、

今後ブログを統合してしまおうかなと検討中です。

カメラのこと書きたいとはいっても、それだけで一つのブログにするほどの内容もないかなとも。

 

育児ブログとしてこのブログを読んで下さっている方、

また、写真ブログとしてあちらに読者登録してくださった方にはそれぞれ

全く興味ない!って内容も出てきてしまうだろうから悩ましいのですが、

 

一方で、育児もカメラも全部「私の暮らしのこと」としてひとつのところで書いていきたいな、という気持ちもあるのですよね。

 

RyoAnnaさんのブログとかとても憧れます。

写真のみならず、読んだ本、観た映画などについても書かれていて、まさに「自分の趣味の部屋」という感じで。

(勝手にリンクすみません、私なんぞが憧れてすみません( ;∀;))

www.ryoanna.com

 

そんなわけで、ちょこちょこ記事の移行をしていくかもしれません。

しないかもしれません。(えっ)

 

Instagramの方は不定期ですが続けていくつもりです。

www.instagram.com

 

せっかく一眼レフを手に入れたので、

もっといい写真を撮れるように練習して

たくさんブログにアップしていけたらいいなと思っています!

 

最近のぽよ

f:id:AEKA:20170424150110j:plain

リンネルの付録のミニトートにひもをつけてポシェットにしたら、

めちゃくちゃ気に入ってくれました!

おでかけする時にはウサギのぬいぐるみを入れて(まだうまく入れられないから手伝ってあげて)、

かけてあげると大喜びで「かーぁいい♡」

写真撮ってもらうのも大好きで、自分で壁際に行っては「かしゃ!」と要求してきます。

 

f:id:AEKA:20170425161352j:plain

壁にもたれ損なってコケる。

 

線の上を歩くのにハマる。

 

数字も好き。

 

大きい子用のすべり台も登れるようになりました。(ただし滑らない)

 

ブロ友さんの真似っ子でおさげに挑戦。お姉さん感増して萌えます( ´Д`)♡

 

それではまた近々!

 

リンネル 2017年 6月号

リンネル 2017年 6月号

 

 

 

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

怠け者&飽き性な1歳児。(1歳9ヶ月)

最近気になっているんですが、

娘がやたらゴロゴロしながらテレビを見るんです。

ごろーーーん。

 

なるべくテレビはソファーに座らせて見せるようにしているんですが、

ソファーの上でもごろーん。

自分で「ごよーん(ごろーん)」と言いながら寝転がっています。

私がいつもゴロゴロ怠けてるのバレてますかね。。。

 

先日泊まった旅館にて、お菓子をボリボリ食べながらテレビを見てくつろぐ1歳児。

主婦か!

…あ、こういう主婦いつも見てるから真似してるのか。貫禄あるな。

 

 

ショッピングモールの大きなベンチ?の上でもゴロゴロ。

(この時は小学生のお兄ちゃんの真似をしてたらしい)

 

 

最近は既に歩くのにも飽きたのか、すぐ「かっこ(抱っこ)!」。

前は歩きたくて仕方なくてベビーカーに乗せるのも一苦労だったのに、

今はすんなり乗るどころか、めっちゃ嬉しそうに足ぴょんぴょんしながら乗ってますからね。

いずれはこうやって抱っこ攻撃されるんだろうなぁと思ってはいたんですが、

まだあなた、まともに歩けるようになって2ヶ月足らずですよ。

飽きるの早すぎません?

もう家の近所の道は飽きたみたいで基本歩きたがりません。

 

「ただ歩くだけ」っていうのがそれほど好きじゃないみたいで、

楽しそうなところに行くとずんずん歩いて向かっていくんですが

(水を触りに行ったり、鳥を追いかけたり)

 

それでもすぐ飽きるのか疲れちゃうのか「かっこ!」です。

抱っこさせられた上に「あっち!」と指示される夫。

 

 

最近は、公園に連れて行ってもすべり台を数回登ると飽きて「かえる」と言われてしまい、(滑るのは好きじゃなく登るだけ=一緒に滑るか下ろさないといけない)

しかも公園からの帰りのベビーカーですかさず「ねんね!」宣言して寝ようとしてしまうので、

ちょこちょこ場所を変えて興味を引けるよう、ショッピングモールで1日過ごすのが一番楽ちんです。

外出先でのベビーカーでのお昼寝だと30分~1時間しか寝ないので、本当は家のベッドで寝かせたいのですが。(家だと2時間以上は寝る)

 

って、なんだか思ってた子どもの姿と違う!

 

子どもって、公園に連れて行けば延々と遊び続けるんじゃないの?

「帰ろう」って言うと嫌だー!と泣いたりするんじゃないの?

気になった物の前から動かなくて困り果てるんじゃないの?

 

まぁ、これはこれで助かる部分も多いのですが。

ゲームセンターの前通りかかってアンパンマンを発見されちゃっても、

「バイバイね」と言うと割とすんなりバイバイしてくれるし。

 

でもやっぱり、せっかく歩けるようになったからもっと体使って体力や身体能力つけていってほしいな。

今体力なさすぎなのかなんなのか、10時半とか11時でも油断するとすぐ寝られちゃいますし、

11時半くらいからお昼ごはん食べてると途中で眠そうにしてぐずっちゃいます。

体力云々じゃなくて、春だからかな。

春眠暁を覚えずなのかな。

 

歩き始めが遅かったせいなのか、

なんかイマイチ体幹がしっかりしていないというか。

すべり台がうまく滑れずゴロンとこけちゃったり(そしてそれがトラウマになって滑らなくなったり)、

ちょっと不安定なところを歩くとすぐこけちゃったり、

今のところあまり運動能力は高くなさそうです。

まぁ、これからかな。

 

神社でも水を触りたくてしょうがない人。(安産祈願行ってきました)

 

母に「なんでやねん」とツッコミを入れる。

f:id:AEKA:20170330130735j:plain

 

 

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

小湊鉄道×菜の花を撮り損ねた…!が、熱中できるものがあってよかったと思った話。

前回の記事ではかなりお見苦しいところをお見せしてしまいました。

読んでくださった方、スターやコメント下さった方、本当にありがとうございました。

自分の中にモヤモヤぐるぐるしている感情をただただ吐き出したい、というだけで書いた記事で、身内のゴタゴタや自分の未熟さをネットで全世界公開する意味ってあるんだろうか?と思いつつアップした記事でしたが、

直接利害関係のない第三者の方の視点で温かく寄り添っていただけたり冷静に感想をいただけたりして、あぁ公開した意味大アリだった、と思えました。

こういうことがある度に思いますが、本当にブログをやっていてよかった。

 

そして、記事を書いたり自分で読み返したり、いただいたコメントを何度も読み返したりしていると、昂った気持ちも落ち着いて冷静に考えることができるようになりました。

実はあの後何度か父にコンタクトを試みたものの連絡がとれておらず、事態は何も進展していないままなのですが、

前向きな解決を目指したいと思っています。

 

・・・・・

 

とはいえ、父が家を出たままというのは放置しがたいことですし、

母や妹も父と連絡がつかないということで母・妹とちょこちょこ連絡を取り合ったりしていて、

家庭(夫)に不穏な空気を持ち込んでしまっていました。

また、今日は4月から職場復帰のためしばらく会えなくなる友人と会う日で、

会っている間は楽しく幸せな時間を過ごしたのですが、

帰り道、これからは気軽に会えなくなるのだという寂しさと共に「あぁ父の問題どうすればいいんだろう」というどんよりした気持ちも同時に押し寄せて来てしまいました。

 

 

でも、そんな気持ちは、帰宅してカメラをチェックした瞬間完全に吹き飛びました。

!!!

ヤバイ、今日の写真一枚も撮れてない。

 

 

実は昨年末に中古のフィルムカメラをゲットしておりまして、

つわりが治まってきた頃からちょっとずつ使い始めたんです。

https://www.instagram.com/p/BOUcJCrFRik/

Nikon F3。はぁかっこいい。

今日使い切った(と思っていた)のは3本目のフィルム。

まだ1本目しか現像していないので、「今日撮り終えたフィルムと前回のフィルム、

それからまだ現像してない写ルンです1つをまとめて現像に出そう!

今回は郵送で安いところにお願いしてみようかなー!」とワクワクしてたんですね。

 

でも、36枚撮りフィルムのはずなのに、カウンターが36枚を超えても、40枚になっても、いつまでもフィルムを巻き上げられてしまう。(本来撮り終えたらそこで止まる)

嫌な予感がして、恐る恐るカメラを開いてみると、

最初にフィルム入れた時の状態から何も変化してない!(一切フィルム巻けてない)

 

入れるの失敗して、ひっかけるべきところにフィルムをひっかけられていなくて、全くフィルム巻けてなかったみたいです。。。

40回以上空のシャッター切ってたらしいよ、もう虚しいし恥ずかしいよ。

 

 

や、最悪今日の写真はまだいいんです。

カメラ上手な友人がデジイチで撮ってくれてたから。

私の不慣れなフィルムの写真よりも遥かにいいものをたくさん撮ってくれたはず。

(友人のと自分のを見比べて勉強するという楽しい機会がなくなったことは残念ですが。)

 

問題は、

先週末行った房総プチ旅行で撮った、渾身の小湊鉄道×菜の花写真ですよ…!!

 

こういうやつ!!

最近インスタでよく見るやつ!!

 

↑のは夫にミラーレスで撮っててもらったものですが、

私はもっとがっつり低いアングルから車両に菜の花被らせて撮ってて、

絞り開放で露出補正高めにしてたので、

黄色の前ボケ大量の超絶ゆるふわカメラ女子的写真が撮れてたはずなのですよ。

わからないけどね、現像できないから。

 

 

いや別に、そもそもこの旅行はただただ「温泉に入って美味しいものを食べてゴロゴロする」だけが目的の旅行で、

しかも悪天候の予報だったのでカメラ持ってくかどうかすら悩んだくらいだったし、

この場所は宿に向かう途中偶然発見したところで、

電車だって2時間に1本しかないから通るなんて思ってなかったのにたまたまタイミングよく通ったっていう超偶然の賜物なので、

もともとなかったものだと思えばそれでいいのかもしれないけど…!

 

でも、前のフィルムが5枚くらい残ってたのに、

電車がもうすぐ来るということを知り、

「残り枚数気にせずにシャッター切りたい!」とわざわざ適当に菜の花を撮ってフィルムを使い終えて、

慣れない手つきで新しいフィルムに交換して、

線路のあたりにあらかじめピント合わせて準備万端!かかってこいやー!

とばかりにちょっと気合いを入れてしまっていただけに、ショックが大きかったです。

こんなことなら前のフィルムで無駄に菜の花のみ撮りまくらなければよかったよ。

でも念のため夫にミラーレスで撮っといてもらってよかったよ。

未だに「これズームできへんの?」とか聞いてくるけどね。(ずーっと単焦点つけっぱなしでズームレンズなんて多分年単位で使ってない)

もっとフィルムカメラの修行して、来年か再来年にリベンジしたいです。

 

 

ちなみにこの撮影スポット、後から調べてみたらGoogleマップにも登録されてる有名スポットのようでした。

 

 

車降りた瞬間フィルムとデジイチ2台持ちしてる方を見かけ、あー絶対ここいい撮影スポットなんだ!と思ったのですがやはり。

カメラを持った老若男女で賑わっていました。

ただ、電車が近づいて来た時、線路付近にいた女性達に後方から「おい!座れよ!!」と怒号が飛んでいたのがちょっと残念、というか怖かったです。

みんなの菜の花畑じゃないのかい。

 

・・・・・

 

…とまあ、こんな具合に私の頭の中は一瞬にしてカメラのことでいっぱいになり、

どうにもならないことに無意味にモヤモヤする時間はなくなりました。

1人でモヤモヤモヤモヤしてるとどんどんネガティブ思考にはまっていってしまうので、「失敗を悔やむこと」とはいえ、気分が変わってスッキリしました。

モヤモヤやネガティブ思考を吹き飛ばしてしまうくらい熱中できるものがあってよかった、と心から思います。

 

・・・・・

 

これから仕事復帰をする方にとっては、

これまでの「育児」「家事」に加えて「仕事」という”考えるべきこと”が増え、

物理的にはもちろん精神的にも忙しくなるんだろうな、私みたいにのほほんとしていられずいつも頭フル回転になるんだろうな、と思うのですが、

願わくは、「仕事について考える時間」が時には

「悩んでも仕方ないことで悩む時間」「モヤモヤしても仕方ないことでモヤモヤする時間」に取って代わる、ポジティブなものでありますように。

 

そしてできれば、特に最初はなかなか難しいでしょうが、

たまには育児でも家事でも仕事でもなく、

母でも妻でも職員の立場でもなく、

純粋にボーっとしたりリラックスしたり趣味に打ち込んだりする時間が持てますように。

 

と、なんだか話が変な方向に来てしまいましたが、

常にボーっとしてダラダラしている私からの、

職場復帰を控えている方々へのエールというか、密かな願いでした。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

里帰り出産の目的とは一体なんなのか。父がどうしても好きになれない私は里帰りしない方がいいのかもしれない。

今回の記事は、完全に愚痴、というかもはや文句の垂れ流しです。

 

これまで実母や義母のことには何度か触れてきましたが、

実父については書いたことがなかったのではないかと思います。

何故かと言うと、父のことは本当に嫌いで、悩んだり愚痴ったりする余地もないから。

今回はその父の話です。

悪口みたいになってしまうかもしれないので、そして思い切り吐き出しててとにかく長いので、苦手な方はどうか引き返してください。

 

・・・・・

 

前回の記事で里帰りすると決めた、と書いたばかりなのですが

早くも「帰りたくない、自宅にいたい」と思う出来事がありました。

 

そもそものきっかけは、私がLINEのタイムラインにて実両親・義両親(+私のきょうだい・義妹)に「二人目の性別は女の子のようです」と報告したこと。

※ぽよが産まれた直後、いろんな人から別々に写真の催促が来たり「誰々にも送らなきゃ」と気を揉んだりすることが煩わしく、親しい身内みんながつながれるLINEのタイムラインを利用して一斉に写真を見てもらえるようにしていました。

 

そのタイムラインに父からコメントが。

1件目「ぽよ、お姉ちゃんの雰囲気出てくるかな」

2件目(1件目には未返信)「お雛様は名前の旗だけで済むな(^^)」

3件目(1・2件目に未返信)「生ぽよダンスが見たい!」

 

まず私は2件目のコメントにひっかかり。

もちろん冗談なのはわかりますが、まるでお金を出したくないかのような、二人目のことを軽視しているようにも取れる書き方に腹が立ったし、夫や夫の両親に「あちらの両親からしたら二人目はその程度の扱いなのか」と思われる可能性もなきにしもあらず。(実際夫は「あのコメントはどうなん?」と言っていた。そりゃそうだ)

 

そこへ3件目の「生ぽよダンスが見たい!」とのコメント。

読んで下さっている方、「何のことかな?」って思いましたよね?私もです。そしてタイムラインを見ている他のメンバーもです。

真相は、3連休に我が家に遊びに来ていた実妹が、最近ぽよがお気に入りの曲に合わせて踊るダンス(ゆるーいスクワットみたいな動き。ぽよダンスと命名)の動画を父に送っていたらしく、自分も生でそれを見たい!という気持ちをタイムラインに書いてきた、と。

 

この2つのコメントで、「父にはタイムラインでのコメントは他の人にも見られるものなんだという意識はないのだな、SNSの使い方としてちょっと注意しておこう」と思ったのです。

実はこれまでにもいくつも「夫の両親も見てるのにそのコメントはちょっと…」というものがあり、そろそろ言ってもいいだろうと。

 

 

それをどういう文面で送ろうかなと考えていた昨夜、父から個別にLINEが。

父「ぽよ起きてる?」

私「寝ました」

父「あら。練習のためにビデオ電話がいいかと思って」

私「何の練習?」

父「顔に慣れるため」

 

突然どうした?里帰りに向けてぽよを慣らしとかないとと思ったのか?

とは思いつつ、ぽよも寝てて今日は電話できないわけだしこの話は終了かな、と思いスルー、

(父は元々唐突だったり言葉足らずだったりで話の趣旨がわからないことが多く、返信せずスルーすることも多かった)

「ところで、タイムラインのコメントのことなんやけど」と切り出し、

  • タイムラインは個人LINEと違っていろんな人が見ていること
  • お雛様の件は、もちろん冗談だとはわかるが夫や夫の両親に私の両親が二人目を軽視してるかのように思われるかもしれないこと
  • ぽよダンスの話は妹しかわからないのだからタイムラインで書くべきではないこと
  • このように、1対1のLINEとは違うことに気をつけてもらえると嬉しい

…という旨を送りました。

きちんと伝わってほしかったので、おちゃらけた文面ではなく少々真面目に。

 

そしたら15分後、何故か母からLINEが来まして、

母「言い過ぎだと思います」

 「お父さんはぽよのことを楽しみにしているのに、傷ついています、謝ってください」

 「人それぞれの表現があるんだから、もう少し考えてください」

 「とても気分を害しています」

 

更に

「あなた方の仲が修復されない限り、里帰りは無理です

 

更に

「あえかは固すぎです」

「なぜか俺がアパートに住むと言って出ていきました

 

もうポカーンです。

私はあくまで父のタイムラインでのコメントの仕方について指摘・お願いをしただけ。

なのに何故か当事者でない母が出てきた挙句、里帰り云々の話になっている。

(「俺がアパートに住む」という発言からも、父も里帰りに絡めて怒っているらしい)

私と父の1対1のやり取りなのに、母が出てきてしかも「謝れ」とか子どものケンカかよ。

 

その後しばらくして父から返信がありましたが、

「ぽよ起きてる?」から私の指摘までのやり取りをコピペした後、

「この会話に返事なく、いきなり… 頭きた!」これだけ送ってきました。

 相変わらず言葉足らず。

 

母ともう少しやり取りして、どうやら父は

娘が正式に里帰り出産することを決めた、これまでずっと人見知り(+大人の男性苦手)でぽよにギャン泣きされていた自分にもチャンスが巡ってきた!

アンパンマンやトーマスを見て里帰りに備えよう!

そうだ、まずはテレビ電話でぽよに顔に慣れてもらおう!

と盛り上がった流れで「ぽよ起きてる?」というLINEに至ったらしく、

その盛り上がりを私にさらっと流された挙句、自分の気持ち(コメント)を注意された、

里帰りを楽しみにしている気持ちを否定された! となったようです。

ようやく父が激怒した理由がわかりました。理解はできませんが。

その後妹が父に電話してくれたようですがとにかく「怒っている」「気分を害された」の1点張りだったようでした。

不本意ではありますが、テレビ電話の話を勝手に終わらせてしまったこと、気分を害してしまったことについては謝罪し、父のコメントの内容そのものを非難したわけではなく場所を考えて欲しいと伝えたかっただけだ、とLINEで送っておきました。まだ既読になってませんがね。

 

 

今回のこのくだらない出来事で、里帰り出産って一体何の、誰のためにするんだろうとぼんやり考えてしまいました。

 

 

前回の記事ではあくまでもぽよ目線でのメリットデメリットを挙げていたので、どこか綺麗事な記事になっていましたが、

ちょっとホントに本音で書きます。

一人目の出産にあたり、実母にも義母にもしつこいくらい「里帰りするべき」「頼ったらどう?」と言われ続け、それでも私の気持ちを最優先にさせてもらって里帰りなしを貫きました。

ただやはり出産・子育てを経て私の頭も少し柔軟になったし、

つわりを通して「自分がしんどくて子どもが元気」という状態の辛さを嫌というほど実感したので少し頼らせて貰おうかなという気持ちにもなったし、

なんといっても、

「辛いけど自分たちだけで頑張っている」という状況が実両親・義両親にとても心配をかけることなのだとわかったので(つわりの時めちゃくちゃ心配されていたらしい)、必要以上に心配をかけないためにも、また、産後しんどいとなったときに「だから里帰りすればよかったのに」と言われないためにも、里帰りしてもいいかなぁ、もっといえばしてあげてもいいかなぁと思ったのでした。

頼らせていただく身でありながらこんな上から目線なんて、なんて娘だって感じですね。

ただ、実母はそれだけ「産後のサポートをしたい」という気持ちでいてくれているものだと思っていました。

 

でも結局、産前産後の私のサポートなんていうのは建前で、ぽよと過ごしたい、父をぽよを過ごさせてあげたいってだけなのかなと。

「里帰りしたい」とお願いしたときの返答も「お父さん喜ぶよ」だったし。

私は両親を喜ばせるために里帰りするんでしょうか。

たまに「里帰り出産は親孝行」という意見をネットで目にしていましたが、なぜ産後の心身辛い状況の中、サポートしてもらうのではなく親孝行しなければならないのでしょう。

ぽよ出産後つくづく思ったことなのですが、妊娠中はこれでもかというほど、若干鬱陶しく感じてしまうほど労られるのに対し、産後はみんな赤ちゃんがかわいい一心で母親の心身のことなんて見えなくなってしまうのだなと。

里帰り出産するということは、それを産前から突きつけられるのかなと、寂しい気持ちになってしまいました。

ましてや、「仲直りしないと里帰りさせない」などと脅し文句に使われるなんて。

 

 

そして、「自分は(父は)怒っている、傷ついた」ばかり主張して、私や夫、夫の両親の気持ちは考えられない両親に心底がっかりしてしまいました。

「夫の両親がこう思うかも」はもしかしたら心配のしすぎかもしれないけど、私がモヤモヤしたりちょっと傷ついたのは紛れもない事実。

それに対して悪かったと省みる気持ちは全くないんだろうか。

娘の気持ちや、娘が実家と義実家のバランスをとろうと考えていることは無視なんだろうか。

 

父は以前から突然キレることがたまにあり、その度に子どもである私たちきょうだいがあの手この手で機嫌をとったりなだめたりしてきました。

(ひどい時は弟の結婚式直前に家出し、「新郎父の挨拶しない!」と言い放って大変だった)

妹は私よりドライで大人なので、「お父さんは子どもなんだからこっちから歩み寄るしかないよ。落ち着いた頃にテレビ電話でもしといたら?」とこちらが折れる案を出してくれましたが、

いい年した大人なんだから、曲がりなりにも私の親なんだから、

今回こそ頭を冷やして「こちらも悪かった」とアクションを起こしてきてくれないだろうかと、どこか期待してしまっています。

こちらが折れるなんて納得行かないという意地もあり。

まぁ既に謝ってますけどね。(突然冷淡な指摘をぶつけてしまったのは悪かったかなという気持ちもありますし)

 

昨夜は、こんなブチ切れて家出して自分の気持ちしか考えられないような人が自分の親なのだと思うと悲しくて情けなくて、泣きながら夫に話を聞いてもらいました。

夫は一緒になって怒ってくれて、「俺を悪者にしてくれてもよかったのに」「俺からも一度言ってもいいよ」と言ってくれて、

更に「里帰りせずこっちで産んでもいいよ、俺もがんばるよ」とも言ってくれました。

本当にありがたかった。

 

でも、ここで「里帰りしない」ことを選択してしまうと、両親との仲が決裂してしまう、最悪絶縁とかになってしまう恐れがある。

こんなくだらないことでそこまでするのは本意ではないので、なんとか仲直り(?)したいものです。

まずは何日か父からアクションがないか様子見してみようと思っています。

 

 

今後写真のシェア方法についても、LINEのタイムラインではなくGoogleフォトにしてコメント機能なくすなど検討したいと思っています。

ただ、これもすぐにやると父が「俺のせいやろ」と拗ねそうな気がするので、、、とりあえず様子見です。

(でも個別に写真送るのは面倒すぎていやなのです。。。←ワガママ。)

 

・・・・・

 

吐き出し終わり!

夫とぽよと再び心穏やかな日々を過ごします!

 

ここまで読んでくださった方、いらっしゃれば、

本当に本当にありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

https://www.instagram.com/p/BRvNzMNgFXP/

二人目の出産は、里帰り出産にしようかと思う。

気づけばまたしばらくブログを書いていませんでした。

今回は特に体調を崩したとかではなく、本当に気がついたらこんなに経っていた感じ。

 

その間、裁縫ブームが一瞬やってきたり

 

初めてフィルム一眼レフで撮った写真を現像してニヤニヤしていたり

 

アロマキャンドルやお香を焚いてひたすらぼーっとしていたり

(マッチと一体化したお香)

 

借りたり買ったりした本をのんびり眺めていたり

 

と、なんだかアナログな日々を送っていました。

 

別に特にストレスがたまっていたとかではない(つもり)ですが、なんかそんな気分で。

リビングの蛍光灯の光もなんだかまぶしすぎて、ダイニングの電球のみで過ごしたり。

(なので写真も暗い。)

 蛍光灯、目に優しい色のに替えたいな…。 

 

 

 

そして気づけば妊娠18週。5ヶ月も半ばとなりました。 

本日妊婦健診だったのですが、性別はおそらく女の子のようです!

エコーでばっちり見えたので、ほぼ間違いないのではないかと。

姉妹か。ひゃーどんな感じなんだろう、どんな姉妹になるんだろう。

これからいろいろ妄想を巡らせます!

 

ちなみに通っている産婦人科では、今回の健診までに分娩予約をしなければなりませんでした。

つまり、「ここで産むのか、里帰り出産するのか」をもう選択しなければならない、と。

決めるのってこんなに早かったんだっけ…。

 

結論から言うと、今回は里帰り出産することにしました。

本当に悩んだんですが。

 

 

以前も書いたかもしれませんが、ぽよの時は里帰りせずに出産し、産後も自宅で過ごしました。

理由はたくさんあるので羅列してみます。

  1. 実家を出て久しく、今や実家より自分の家の方が落ち着く。
  2. 自分の物が全て揃っていない環境で長期間過ごすなんて、長期ホテル暮らしをしているかのようで不便そう。↑で書いたような好きなことも思うようにできない。
  3. 夫には本音を話せる(弱音を吐ける)し甘えられるが、両親にはできない。(両親は常におちゃらけた話し方で、真面目に気持ちや思いを語るということができない。)
  4. もともと神経質ぎみな私、第一子の出産でよけい神経質になっているところに、4人を育て上げた母のざっくりした意見は合わないのでは、アドバイスされても鬱陶しく感じるのでは、と予想した。
  5. 夫と離れるのが寂しい。千葉ー岐阜はそれほど気軽に行き来できる距離ではない。
  6. 新生児のころの目まぐるしい成長を、父親である夫が私の次に近くで見られないことがおかしいと思った。
  7. 大変なこともあるだろうが、それは親である私と夫がまず受け止めて対応すべきで、夫が私の両親に取って代わられるのはおかしいと思った。夫だって私の両親だってみんなフルタイムで働いているのに、夫には負担をかけられないのに両親(母)にはかけられる、というのがおかしなことのように思えた。
  8. 一人目で赤ちゃんのお世話だけしてあとはゴロゴロしていればいいんだから大丈夫だろうと予想したし、先輩ママさん達にも「一人目なら大丈夫だよー」と言われた。さすがに二人目のときは里帰りせざるを得ないかもしれないのだから一人目のときくらいのびのびやりたいと思った。

ざっくりこんな感じ。

 

義母は早期退職してフリーだったのでヘルプに来たそうで、「どれだけでもいられる!なんならマンスリーレオパレスでも借りるよ」と意気込んでいましたが、

そもそも自宅でのびのびリラックスして子育てしたいがための選択だったので丁重にお断りしました。(そしたらやはり自分も外野にいろいろ言われたのがストレスだった、と理解してくれた)

 

今振り返ってみても、家族3人で試行錯誤しながら乗り切った産後はいい思い出で、

この選択は間違っていなかったなと思えます。

(帝王切開で思うように動けない、とか、産後体調を崩した、などなかったから言えることかもしれません。)

まぁ産後クライシスやマタニティーブルー的なものはありましたが。

 

 

ただ、これらの里帰りしたくない理由は全部「私の心の都合」です。

二人目の出産となると、私だけでなくぽよのことも考えないといけない。

「私が心地よく過ごせることがぽよのためにも良い」という思いもありますが、

つわりの時期、自分がいかにつわりを乗り切るかのみ考えてぽよのことがないがしろだったことが精神的にすごく辛かったので、

ぽよを最優先に考えることが、ひいては私の精神にもよいのではと思い、

どうすることがぽよにとってベストなのかを考えました。

 

自宅で過ごす場合

メリット
  • 慣れた環境で過ごすことができる
  • 大好きなパパと離れなくてよい
デメリット
  • 出産・産後の入院時、夫が仕事をずっと休むのは不可能だと思われるので、おそらく義母に来てもらってぽよのお世話をお願いすることになる。が、入院することになって突然義母にお願いしても、ぽよはそれほど義母に慣れているわけではないのできっと不安がる
  • ぽよの時に「どれだけでもいられるよ!」と言っていた義母だが、実際は義祖母と同居していてずっと放っておく訳にもいかないので、長期間いてもらえる訳ではない。(かといっていてもらっても私が疲れそう)
  • 義母がいてくれる間は遊び相手がいるが、いない時に私も満足に相手ができずまたテレビ漬けになる可能性が高い

 

里帰りする場合

メリット
  • 産前に充分実両親に慣れる時間があるので、突然出産で入院することになって私と離れることになってもきっと大丈夫。
  • 産後私が思うように動けなくても、実母が遊び相手になってくれる(フルタイムで働いているとはいえ、残業なしで帰れるので家にいられる時間も長いし、シフト制の勤務なので「月ー金いない」ではなくちょこちょこ休みがある)
デメリット
  • 大好きなパパと、産前産後合わせて1ヶ月程度離ればなれ。
  • 実家に慣れるのに時間がかかりそう。

 

ぽよ目線でのメリットデメリットを挙げてみましたが、

中でも「里帰りする場合のメリット」が大きく感じました。

 

私目線で考えても、入院時に安心してぽよを任せられることや、遊び相手になってくれる人がいることはとてもありがたい。

自宅で過ごす場合でも義母に来てもらえば遊び相手になってもらえますが、

実際のところどれだけ来てもらえるのか、でも来てもらうと私が気疲れしてしまわないか、また私の気疲れなど考慮してどれだけ来てもらうかを決めることを考えるだけでも既に疲れる…など不安要素もあるので、

それならもう実家にお世話になるほうがいくらか気が楽かな、と判断しました。

 

 

でも…

正直言って、めっちゃ寂しいです。

里帰りする場合、今の産院での健診は32週まで。

それ以降は里帰り先で、とのことなので、産前2ヶ月も実家で過ごさなければならない…!

本当は産前は自宅で過ごして産後だけ実家にいたい。

でも健診の度に実家に帰るのは身体的にも精神的にも負担が大きすぎる。

はぁでも3ヶ月も離れるって。

ぽよも寂しいだろうけど、私もなかなか寂しいです。

ブログではいつも夫の愚痴書きまくってますが、そういうこと書く度に思うのは、結局夫のこと好きなんだなぁとか、私たち夫婦って割と恋人っぽさも残せてるというか、「オトンとオカン」になりきっているわけじゃないなぁということ。(突然のノロケスミマセンw)

あぁホント寂しいなぁ。寂しいよ。←言い過ぎ

予定日がお盆なので、もし予定日付近に産まれればお盆休み+有休くっつけてしばらく一緒にいられるかな、というのが救いかな。

出産を検討している産院は、家族の宿泊も無料とのことだし。

 

 

でも里帰りすると決めたからには、いい機会だと思って地元を満喫したいです。

結婚してからゆっくり実家に滞在することなんてほぼなかったので、

今まで会えていなかった友人にも会いたいし、

ちゃんと知ることなく離れてしまった岐阜や名古屋のおしゃれスポットを巡ったりしたいし、

あわよくばそちら方面のブロ友さんにお会いするとか…(妄想)

 

 

この写真にも写ってる菊池亜希子さんのムック、岐阜マップも載っていて

早くもこれを見ながら散策したいななんてワクワクもしています。

菊池亜希子ムック マッシュ VOL.10 (小学館セレクトムック)

菊池亜希子ムック マッシュ VOL.10 (小学館セレクトムック)

 

 

 

去年あたりにできた、ぎふメディアコスモス(市立図書館)にも行きたい、というか通いたい。

f:id:AEKA:20170318000926j:plain 

f:id:AEKA:20170318000928j:plain

みんなの森 ぎふメディアコスモス - ´Minna no Mori’ Gifu Media Cosmos

 

 

6月下旬、というとあと3ヶ月ほど。

さ、3ヶ月!?と驚きを隠せませんが、

すこーしずつ感じるようになった胎動を噛みしめつつ、

ぽよとの時間を大切に過ごしたり、

家族4人の生活に思いを巡らせたりしようと思います。

 

まだぽよは「あかちゃん」と言ってもぽかーんですが、

うさこちゃんの絵本で徐々に刷り込む予定です。笑

うさこちゃんとあかちゃん (2才からのうさこちゃんの絵本セット2) (ブルーナの絵本)
 

 

モデル気取り。

 

カメラ女子。

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村